本文へスキップ







                  

ここ数年、薪ストーブを導入する家が増え続けています。
燃料高騰・エネルギー不足・スローライフ志向などの影響でしょうか。
一昔前のように気軽に焚き火もできなくなり、大人も子供もいつしか火と縁遠くなってしまった現在。
暖房だけでも天然エネルギーに目を向けてみてはいかがでしょう?!
使い方は意外と簡単なんです。人類が誕生してからずっと親しんでいる「火」ですから難しく考える必要はないのです。
寝る前に薪を入れておくと(寝る時も火を消さずにそのままで大丈夫)、夜中に炎が消えてもじわじわと暖房していますから、翌朝起きた時のひんやり感がないのです。また、雪の降る夜中にTシャツ1枚で談笑していたこともあります。
あ、焚き火で思い出しましたが焼き芋もできるんです♪

そこで皆さんがまず気になるのは、本体の初期コストと薪の調達でしょう。
メーカーによって差はありますが工事費を含めて約100万円程度はみておいた方がいいでしょう。
薪の調達は、造園屋さんに頼んだり、森林組合から購入したり、ストーブ仲間の情報網で不要な樹木を直接頂きに行ったり…と様々です。
家のプランも薪ストーブを考慮して考える必要があります。細かく区切らずになるべくオープンにすることです。

ゆらめく炎を眺めていると時間の経過を忘れます・・・ここで飲むコーヒーやお酒はまた格別です♪

注)ストーブ屋さんの回し者ではありませんので念のため。


籠原の家

N HOUSE

I house



Beetle House



A house

那須の週末住宅




mat house




BEAT HOUSE




W HOUSE